TOP

風俗に通うことで男として成長できた体験談を書いています。

まとわりつくようなベロ使いがにくいです

前回、大外れだったのでリベンジで、都内のピンクサロンのお店に来ました。現れたのは、30代半ばのポチャでツケマがバサバサで厚化粧の風俗嬢です。スタッフに勧められた女の子でしたが、これは終わってますよ…心の中で撃沈していると確信しました。こんにちはの後は何も言わずおしぼりの準備を始めてこちらの問いかけにも「はぁ、まだ入ったばかりなのでよく分かりません」と新人らしい受け答えです。全くやる気を感じなかったので前回に続いて失敗したなと思ってると、「ズボンとパンツおろしますよ」「ハイハイ」こっちも応じます。意外とやる気があって、ピンサロ嬢も服を脱いだら肉感的でそそります。顔も良く見たら可愛いですよ。俄然やる気が出てきてちんぽも大きくなってきました。即パクリンチョかなと思ったら、いきなりのディープキッスでびっくりです。それも情感たっぷりで、メロメロです。そんな感じでフェラチオに入ってそこでもねっとりとまとわりつくようなベロ使いで気持ちよく発射しました。



総合的に見て当たりでした

何をしていてもうまくいかない時はとにかく一度その流れを何か関係ないことで断ち切ってみる必要があります。自分の場合はそこでソープに行くことにしています。とりあえず高い金を出して可愛い女の子に良いようにしてもらうのが一番だという安直な考えですので(笑)今回はT県内の某所にあるJというお店に行ってきました。自分のお相手をしてくれたのは初めて当たるKちゃんで見た目はおっとりした不思議ちゃんという感じですね。小倉優子ちゃんと同じ雰囲気を醸し出していましたし、顔立ちも整っていて完全に自分にとっては身分不相応な相手でしたよ。プレイはやはり見た目通り受け身なタイプでしたので攻め好きな自分にとってはちょうど良かったと思います。なかでも彼女はとにかく敏感な子だったのでそこが良かったと思います。強いて言えばもう少しだけでも積極的だったら良かったかな。それでも全体的にはとても満足が出来るレベルの子でしたのであまり気にはしていません。